修繕の足場費の相場は?

マンション大規模修繕の足場費の相場は?

マンション大規模修繕の足場費の相場は? マンションの大規模修繕で必要となってくる足場は、工事の安全や作業の効率を高めるために欠かせないものです。
しかし、仮設であるにもかかわらず、思いのほか高額なので、きちんと情報収集をしておきたいところです。
足場代は、業者によってかなりの幅があり、平米あたり700円から1000円くらいが相場とされていますが、建物の形状などによって変わってくることもあります。
一般的には、建物から60cm程度離れたところに組み立てるので、建物の外周のさらに外側でその長さを求め、それに建物の高さをかけて面積をだし、費用を算出します。
工事の内容によっては、建物の高さより高い足場が必要になることもあります。
料金の内訳は、資材の調達にかかる費用や、組み立てや撤去にかかる費用などで、工事費用全体の20%前後を占めることが多くなっています。
また、近年では、大規模修繕にも使える足場なし工法というものも登場していますが、すべてのマンションに利用できるものではないので、確認が必要です。

みんな知らないマンション大規模修繕

マンションを購入するとき、物件を購入するための頭金や、税金、管理費、修繕積立金や、中古物件を購入する場合は、室内を自分の好きなようにリフォームするのにお金がかかるということは、誰でも知っています。
でも、マンションを購入するときに、だれも教えてくれないこともあります。
それは、大規模修繕です。
これを知らない人は、とても多く、大規模修繕は、10年から15年くらいに行われます。
なぜ、10年から15年くらいに行われるかというと、建物は、必ず劣化するからです。
建物の外壁のタイルや、手すり、バルコニーなどの床の防水、通路のひび割れや、汚れなど、いろんな箇所が劣化してきます。
それを、まとめて修繕するために大規模修繕を行うのです。
修繕をするためだけでなく、そうすることで建物の安全や、資産価値を維持することができます。
マンションを購入する前に、知らない人がほとんどで、マンションを購入してから知ることが多いのが大規模修繕です。